上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ケイが、県立中学の致遠館中学校に合格しました。

 学区外だったから、すごーく 悩んだけど、 いちかばちか 受験することに。

 ケイは、作文が苦手で、自分の考えを文章に表現することが苦手だった。

 塾に通わせてたけど、塾で実施された適性検査のテストを白紙で出したツワモノ・・・。

 塾の先生もかなり焦って、「冬期講習は、毎日来てくださいっ!」と言われてしまい・・。

 12月から1月の試験前までは、ほとんど毎日塾通い。

 冬期講習なんて、一日3コマ。(1コマ=90分だから270分=4時間半)

 「別に受験したくないのに・・」と言いつつ、頑張ってました。


 試験の前日・・ 「あー緊張するっ!」と言ってたケイ。

 「大丈夫! 他の人が頭良さそうに見えるけど、同じやけん!皆、アイツ頭良さそう~って思ってるけん!」と励まし・・。
 試験当日は、朝 車で学校まで送りました。

 同じ小学校から受けるのは、あと1人 女の子で。
 昼休みは寂しいだろうなあと思い、お弁当に 激励のメモを貼り付けて・・。

 面接が、一番最初のグループでよかった。
 夕方まで待つのは辛かっただろうし・・。

 迎えに行ったら、「俺・・絶対無理。落ちたと思う・・」と言う。
 「面接も、塾の先生は、「最初は 朝何を食べた?」とか軽い質問って言ってたけど、いきなり直球だったし!」と言ってた。

 「筆記はさ、最後の問題があと少しで解けたのに、時間切れで鉛筆置け、って言われて書けなかったし・・。」と落ち込むケイ。

 「もう いいさっ! 頑張ったんだからそれでいいよ!」と励まして・・。

 「面接は何を聞かれた?」と聞いたら、

「あのさあ、 「今君達がしている勉強は、誰の、何のために役に立つと思う?」という質問があってさあ、俺、一番最初に指されちゃったから、「世界の人々が生活しやすくなるためだと思います。」って答えたんだよね。でもさあ、他の奴らはさあ、「大人になって仕事をする時に役に立つと思います。」とか言ってんの! 俺、そんなこと思いつかんかったけん!」と言うケイ。

 旦那と2人で大爆笑。

 「よかさ! グローバルな視点で物事を考えてる、って○つけてくれるさ!」と言いました。

 家に帰って、ほっとしたのか、テレビとゲームに明け暮れるケイ・・。

 カリンを塾に送るときに、先生に「無事受験してきました。」と報告し、「どうでしたか?」と聞かれたので、そのグローバルな視点の回答のことを言うと、先生も爆笑。
 「ケイくんらしいですね! でも 良い答えだったと思いますよ。」と・・。


 結果がでるまでは、期待半分、諦め半分でしたが、発表の日の夕方、ばーちゃんからメール。
「合格したよ!」と。

 すぐばーちゃんに電話し、「おお~!やった!で? ケイは?」と言うと、
「家でゲームしてる・・」とばーちゃん。

 書留を受け取ったのはケイ自身だったらしい。
 で、開封して、合格を確認し、そのまま放置してたらしい・・。

 ばーちゃんが、「もう届いてるよね!」と家に電話したら、「ああ、受かった。」と言ったらしい・・。

 なんてクールなヤツ・・・。

 でも、本当は、うれしかったはず。

 私が帰って、「ケイ!やったね!頑張ったね!」と言ったら、うれしそーな顔してたもん。

 一安心。

 あとは カリンじゃ・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。