今年のうちの課のメンバーは、変人揃い。



 課長は、優しいし、気配りの人だけど、仕事に対する情熱は薄い。

 係長は、細かいこと言わないけど、その分気配りもしない。

 同僚は、うつ病のオッサンと ちょっと変なM君。



 で、あとは 私。 5人しかいないんだよね・・。



 昨日、たまたまフロアーに課長と私しかいなくて、(後は休みと出張)ちょっとだけ話をしました。

 課長が言うには、「オッサン(とは言わないよ、名前)は、病気だから仕事量を減らしてるじゃない。それで皆に迷惑をかけているってことが自分でも分かっていて、それも引け目に感じてストレスなんだと思うよ。」



 「え、じゃあ仕事増やしたらどーですか?」と私。

 「仕事増やしたらそれはそれでストレスなんじゃないの。」と課長。



 「じゃあ どうしようもないじゃないですか。」と私。

 「うん、どうしようもない。」と課長。

 「不満もあるだろうけど、大目に見てやってよ。仕事のことも教えてフォローしてやってね。」と課長。



 「オッサン、今、たった2つしか分担持ってないですよ。私は6つですし、M君は5つですよ。すごく時間をとる仕事を私は2つ、M君は1つ持ってますよ。 それなのにオッサンのフォローまでできません。それは係長に分担してください。」と言ってしまいました。



 おとといはこんなことがありました。



 オッサンの仕事で、新しく通帳を作ってお金を管理するものがあるんだけど、それをなかなかしようとしない。

 すでに委員さんには設置規約を承認してもらっていて、計画と予算も承認してもらっているのに。



 来月にはそのお金を使ってイベントをしなくちゃいけないから、早く通帳を作って欲しいのに、全然動こうとしない。口では通帳を作らなくちゃいけませんね、と言いつつも全く・・。



 来月のイベントのプランニングをM君と話していて、「お金はもう集まってるんですか」とM君。

 思わずオッサンを見てしまいました。私とM君の話が聞こえていたはず。 オッサンは「ああ、通帳ですよね・・」と言うから「そうです。今月末までには通帳を絶対作ってもらわないと困ります。」と答えました。



 M君が、「今から銀行に行って口座開設の用紙をもらって、必要書類を聞いてきたらどうです?」と言ったら「そうですね。銀行に行ったらいいですか?」「窓口でもらえますかね?」「必要書類ってどんなものでしょうか?」「銀行まで歩いて行ったほうがいいですか?」「あの銀行には駐車場がありますかね?」と質問するオッサン。



 M君がひとつひとつ答えていたけど、聞いていてうんざりしました・・・。



 後でM君が・・「かんべんしてくれ」とぼやいていました。




 子供の使いか? これって社会人じゃないよね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nachinaturaldays.blog112.fc2.com/tb.php/113-8798492e