織田くんに目が釘付けになっている間に、対談相手の動物写真家の岩合さんの挨拶。
 岩合さんのHPは見て、美しい写真を撮られる方だな~とは思っていましたが、やはり自然相手のお仕事をされている方らしく、優しさと厳しさを併せ持つ独特の雰囲気をかもしだされていました。

 対談の内容は、時間が経ってしまってかなり危うくなっているので、印象に残っている部分だけ・・。

 織田くんは、高校生の頃、自殺を考えたことがあるそうです。それまでずーっとテニスをやってきて、朝から晩までテニスのことだけを考えていたのに、ある日突然できなくなったと。膝が悪くなり、このままだと歩けなくなるとお医者さんに言われたからだそうです。 それまで仲間だと思っていた友達から、そっぽを向かれたような気がして、落ち込んで、自分の存在意義が分からなくなり、死んでしまおうと思ったと。 でも、死んだつもりで人生をリセットしてみたら未来が開けてきた、と。 今の若者が簡単に死んでしまうのは、死んだらリセットできて生まれ変われると勘違いしているからではないか、簡単に死んではいけない、死んだらおしまいということを伝えたかった、と話されていました。

 それからは、織田くんが撮影したゾウやゴリラの写真、岩合さんが撮影された猫の写真などを見ながら対談が進みました。

 岩合さんが、「一番怖いのは、メスです!」と何度も力説。織田くんが苦笑いしながらうなずいていました。

 織田くんが、今、日本には異流種の植物がたくさん入ってきたりしていて、とても気になっている、自分達は地球のことをもっと考えていかなくちゃいけないのでは、食料自給率はこのままでいいのか、とかそういうことも考えている、と話していました。 私・・かなり大きくうなずいてしまいまして・・。(きっと隣の人にひかれたと思う)

 あっという間の1時間。きっちり1時間で終わりでした・・。
 織田くんの誕生日だったから、少しはファンサービスがあるかなあと思っていましたが、全くナシ!そういうものなのねえ・・。

 その後、一般客はさっさと会場から追い出され・・。 織田友さんのよっしーさんと初めてお目にかかりました。よっしーさんとリカさんとジャガーさんとトンキーさん。

 皆さん初めてだったのに、すごく気さくな方々でした。リカさんはすぐ帰らなくてはいけないとかで、少ししかお話できませんでした。残念・・。

 会場を出たところにモニターがあり、中の様子が映し出されていたのですが、もうすぐ織田くん登場かっ!?というところで 「ちょっとすいませ~ん」ってスタッフの人がブチッと切ってしまいました・・。

 ひど~い! とか しょうがないよねえ~とか言いつつ、どこかでご飯を食べようということに。 織田くんへ誕生日のプレゼントを持参していたので、入り口にいた男の人に聞いたら「こちらでお預かりしてます」と言われたので預けてきました。(無事に届いたのだろうか・・)

 タクシーで新橋に行ったのですが、予定変更でファイナルコンサート会場の東京国際フォーラムに行こうということになり、電車で有楽町へ。 フォーラムのレストランで遅いお昼ご飯。
  私は、九州弁で喋ると分からないかな~と思い、控えめに話していました・・。でも織田くんの話で楽しいひとときでした。

 夕方になり、アキヤンと待ち合わせるために有楽町駅へ。
 道が分からない私を気遣って、よっしーさんが駅まで連れて行ってくださいました。
 国際フォーラムでは、氷○きよしのクリスマスコンサートが開催されることになっていたらしく、ハッピ姿の方やうちわを持った方々が長蛇の列を作られていました。 案内のお兄さんに「最後尾はあちらです~!」と私とよっしーさんも声をかけられました。(ちがうってば!)

 アキヤンと無事会うことができました。

 続きは後日

 

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nachinaturaldays.blog112.fc2.com/tb.php/141-4012d3be