2005.10.05 脳の男性化?
子供の習い事の役員になっています。高学年の父兄は役員になることになっているのです。



 年間3回ある行事のどれかを担当することになっており、私はバス旅行の担当です。



 バス旅行の担当は3名いて、何度か打ち合わせをしたのです。



 でもね・・なかなか決断してくれないのです。 どーしよう、どーする、ばかり。



 ええいっ! 「じゃあこれこれでこうしようか!」と決断する私。 「じゃ、私がこれをするから○さんはこれ、△さんはこれしてもらえます?」って采配する私。



 私・・リーダーになるつもりは全然なかったのですが・・。(だってうちの子は5年生だし)



 

 話し合いの途中で、話しに割り込んでくる別の役員さん達。話が進まないってば!



 で、脱線しまくる人々・・。「あら!そのバックすてき!」「○○さんは××だってね?」と噂話まで始める人々・・。




 だ~か~ら~ッ! 今はバス旅行の話し合いでしょッ!




 ターが実家で私が迎えに来るのを待ってるから早く帰りたいのに・・。




 必死で話を元に引き寄せ、話し合いを進める私。何とか決めなくちゃならないことを全部決めたらどっと疲労感・・。




 職場でこの話を係長にしていたら「一ノ瀬くん、それは、脳が男性化してきているんだよ。」と言われました。



 え? 



「男性ばかりの職場で、会議だって男性ばっかりでしょう?仕事の会議の席では必要なことをぱっぱっと決めて、他に何かないか、と聞いて終わりでしょう? それに慣れているから、女性達の話し合いのペースになじめないんだよ。脳みそが男性化してるんだよ。」って・・。



係長は、小学校のPTAの副会長。PTAの話し合いでも、似たようなことがあるらしい。同じことを何度も繰り返して議論する、一度決まったことも「でも○○じゃないですか?」って後になって蒸し返すなど・・・。



「女性の話し合いの良いところもあるんだよ。丁寧に議論が進んで、いろんな人のことも考えて、やっと話が落ち着くからね。」と係長。




脳の男性化か・・・ ちょっと嫌・・。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nachinaturaldays.blog112.fc2.com/tb.php/250-2639dc60