旦那のお父さんが、7日の夜11時頃に亡くなりました。

 危篤を知らせる電話がお義兄さんとお義母さんから10時過ぎにかかってきて、すぐに旦那の泊まる準備をして、鳥栖駅まで車で送り、旦那は特急に乗って熊本に向かいましたが間に合わなかったそうです。

 元旦に入院したという電話をもらっていて、「貧血がひどいけど落ち着いてる」という話だったのですが、4日にお義兄さんから電話があり、「あまり状態が良くないから俺は明日仕事を休むけど、お前はどうするかは自由だけど、一応連絡しとく」というイジワルなことを言われたらしく、旦那が「どういう意味だろう」と考えていました。
 私は、「とにかく一度顔を見ておいでよ、きっと顔も見せないで、って怒っているんだよ。もしお父さんに何かあったら、あいつは入院しても顔も見に来なかったって一生言われるよ!明日は仕事初めだから休んだってどうにかなるやろ!」と旦那を無理やり熊本へ送り出したのでした。
 で、4日から5日まで旦那はお義父さんのお見舞いに行っていました。いったん帰って来たのですが、かなり悪いようだとのことだったので、11日に子供達を連れてお見舞いに行く予定にしていました。でもその前に亡くなってしまいました・・。

 理由は分かりませんが、お義母さんはお義父さんの死因を詳しく話そうとしません。
 旦那は、肺癌を患っていたので、それがリンパに入ってしまい、かなり転移していたようだ、と。末期だから、お医者さんが最後のお正月を家で過ごせるようにしてくれたんじゃないかな、と言っていました。

 8日から新学期だったので、ケイとコウは学校に行かせ、私は仕事を休んで熊本に向かう準備をし、カリンは午前中がテストで午後は授業だったのですが、テストだけ受けさせて早退させました。
 本当は3人とも学校を休ませてすぐ向かおうかとも思ったのですが、旦那が「通夜は夜だから、16時までに着けばいいから」と言うので、そうしました。

 子供達が皆帰って来てから熊本へ。いつも旦那が運転して私は助手席でボケーとして乗っているため、道を覚えておらず、ナビ頼り。

 途中ケイが車に酔って休憩せざるを得なかったりしつつも15時には熊本に着きました。

 子供達は制服に、旦那と私は喪服に着替えて、斎場へ行きました。

 お義父さんはまるで眠っているようでした。

 お通夜、告別式と怒涛のように過ぎました。

 まあね・・ 告別式では イロイロあったけど、お義父さんとのお別れだったからここでは愚痴らないことにします・・。

 明日は初七日に行ってきます。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nachinaturaldays.blog112.fc2.com/tb.php/383-771cc818