上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.09 新手の営業
この前、仕事を早退した時、ちょうど17時頃。

晩御飯を作っていると、誰か来た。

インターフォンで応答したら、「あさってに近くで工事をしますので、そのご挨拶とご説明に伺いました。」という工務店風の男の人。

なんだろ、と思って玄関に出たら、「あさって あちらの住宅で太陽光発電のパネル設置を行います。大型トラックが2台ほど通りますが、安全には充分気をつけますので。また、停電などが起きた場合もすぐに対応いたします。」と言う。

「小学生が3時半頃から帰ってくるから、気をつけてくださいね。」と話した。

そして・・。

「うちの会社のほうから、太陽光発電について簡単なアンケートをとるように言われていまして。この前、久留米のゆめタウンでフェアをしたのですが、あまりお客さまに来ていただけなくてですね~。」と言う。

それで、軽い気持ちで答えた。

「太陽光発電って、投資しても元がとれる頃壊れてメンテナンスが必要になると思う。」と。

そしたら・・

「奥さん、電気代はどれくらいかかってます?家族は何人ですか?」

「その電気代でしたら太陽光パネルを設置した場合にどのくらいになるか、損になるか得になるか計算しましょうか?」

「わが社では、数日間お宅に設置するとどうなるかのシュミレーションをして、十分調査したうえでお勧めします。」(要するに日当たりが悪いかどうかを調べるらしい)

と マシンガントーク。

口が全く挟めない。

「ちょっとここでは何ですから、玄関で計算させていただいていいですか?」 ときた。

「あー、今晩御飯作ってるから。もういいです。」と断ると、

「いえいえ、すぐ済みます。奥さんはご飯の準備されてて大丈夫です。」とのたまう。

「いえ、うちは設置する気はないので。家を建てる時さんざん考えたから。もういいです。」と
ドアを閉めた。

あーもう。

工事の説明なんて言って、本当は嘘なんじゃないの~?

玄関まで出て来らせるのが目的なんじゃ・・・?

時間をロスしてしもーたッ!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nachinaturaldays.blog112.fc2.com/tb.php/498-0b42e162
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。